こんな方法もあります!お酒を買い取ってもらうには


ネットオークションで

売り手がオークションサイトに出品し、買い手が入札する方法でお酒を売ることが出来ます。自分が希望する金額を開始価格にしておけば、それ以下の売値にはならないので、希望金額に近い価格で売れるかも知れません。但し、買い手の希望に即した金額や品物でないなら、売れ残る可能性もありますから、他の出品や価格と比較して妥当な金額を付けなければなりません。なお即決価格を設定しておけばその金額で落札される可能性もあります。

ネットのフリーマーケットで

オークションではなく、フリーマーケットで販売する方法なら、オークションのように買取金額が高くなる事はありませんが、欲しい人がいればすぐに売る事が出来ます。出品時の金額を商品価格に送料をプラスして設定しておけば、買う側は送料を考えずに購入出来るので、売りやすいと言えます。実際のフリーマーケットと同様、買い手と売り手が価格交渉出来るのも、この方法の魅力の一つです。フリーマーケットには毎日沢山の様々な商品が出品されているので、売れないで何日が過ぎてしまうと埋もれてしまう恐れがあります。そのような時は一度出品を取り消し、再度出品した方が良い場合もありますから、注意が必要です。

買取業者に依頼する方法

店頭持ち込みや出張依頼などにより、買取業者に売る方法もあります。買取業者は大きく分けて2種類あります。一つはお酒の専門業者、もう一つは他の商品も扱っている業者です。どちらもホームページを開設して買い取り価格などを表示している場合が多いので、あらかじめ確かめておく方が良いと言えます。前もって、買い取りの概算価格を確かめた上で、出張買取を依頼すれば便利かもしれません。

お酒の買取を受け付けている業者は主に贈答品や高い売値が付く高級な銘柄、特に生産数が少ない希少品を対象にしています。そのため、安価な量産品や開封済みの製品は商品価値が無いと見做され買い取ってくれません。