女性器の形や大きさで悩んだら医療機関に相談!


治療が必要か判断してもらおう

外見のコンプレックスにも色々な種類がありますが、女性器の形で悩む人も少なくありません。そして普段は人に見せない部分でもありますので、気になっていても、正常なのか治療が必要な例なのかを個人で確認することは困難です。

本人の思い過ごし、考えすぎであることも少なくありませんが、どうしても気になる場合は、まずは医療機関に相談してみることがおすすめです。

婦人科などでも診断してもらうことができますし、女性器整形を得意としている医療機関でも診察してもらうことができます。

男性医師には抵抗があるという女性は少なくありませんが、女性医師が対応してくれる医療機関もありますので、まずはどのような医師が在籍しているかを確認してみましょう。

様々な治療が行われています

女性器整形ではどんな治療が行われているかも知っておきたいですが、特に多い治療としては小陰唇や大陰唇の縮小手術があげられます。

汚れがたまりやすい、下着やジーンズにこすれて痛い、排尿がしづらいなどの問題がある場合は余計な部分を切除してきれいに整えることでその悩みを解消することができます。

この他では、出産などで膣がゆるんだ場合に引き締める手術が行われることもあります。女性器整形の治療は日帰りで行われることが多く、治療中は麻酔が行われますので、特に痛みを感じる心配はないと言えます。

麻酔が切れると痛みが出てくる可能性がありますので、治療後は無理をせずに安静に過ごしましょう。性交渉がいつから再開できるかは治療内容により違いがありますので、こちらも良く確かめておきたいところです。

加齢などの影響で女性器の皮膚が伸びて膨らみが小さくなりシワができている方は、大陰唇皮膚切除という女性器整形で改善することができます。