普及したLED!LEDのあれこれを知ろう!


LED、白熱電球、蛍光灯!それぞれ違う照明!

2011年に東北地方太平洋沖地震が起き、その影響を受け日本では、節電意識が高まりました。そういった事もあり、LED照明は、急激に普及し始めました。LEDは、発光ダイオードと呼ばれる半導体に電気を流すことで発光する仕組みとなっています。照明として他に、白熱電球や蛍光灯がありますが、白熱電球は、フィラメントが通電する事で発光します。蛍光灯は、蛍光管という管に電気が流れることによって発光します。他にも、水銀の使用がなく、二酸化炭素の排出量も少ないので、環境にも優しいといった点もLEDのメリットであると言えるでしょう。

LEDのメリットは?

1番のメリットは、やはり寿命が長いということでしょう。電球を替えるとなると、手間がかかり大変という人も多いのではないでしょうか。LED照明を使えば、寿命が長いことから、替える手間が少なくなります。また、消費電力に関してですが、白熱電球と比べると1/10程度であるため、電気代が安くなります。また、紫外線を放出しないので、街灯など、外でLEDを使う時は、虫が寄ってきにくいといった点、振動や衝撃にも強く、耐衝撃性も白熱電球、蛍光灯などと比べて高いので、使い勝手が良く、保管もしやすいといった点もメリットといえるでしょう。

LEDのデメリットは?

白熱電球や蛍光灯に比べると、値段が高くなっています。また、電球と本体がワンペアとなっている、電球だけをかえようと思っても、交換することが出来ません。熱に弱いこと、重量が重たいこともデメリットとしてあげられます。

ポスターや広告を背面から光で照らし、鮮やかに見せることができるパネル。それがLEDライトパネルです。明るい光で人々の注目を集めるので、駅構内や展示会など、様々な場所や場面で使用されています。